お酒対策にハーブ

サプリメントでお酒を飲んだときに効くものがあるといいます。
お酒を飲むのが好きな人は多いですが、飲み過ぎは体によくありません。
サプリメントによって、お酒による健康への悪影響を食い止めることはできるでしょうか。

お酒を飲む量で健康な人が1日に飲んでもさほど問題のない量というのは、
ビール1本、日本酒1合、ワインはグラスに2杯ぐらいだといわれています。
少量から適量の飲酒は、高血圧や認知症などの予防に効果的です。

お酒を飲む量の限度を超えると高血圧や認知症のリスクを高めるとされています。
アルコールというのは体内に摂り入れられた後、肝臓で分解され体外へ排出される仕組みです。
肝臓がアルコールをしっかり分解できずに、体の中に有害な物質が巡ってしまうと
悪酔いや二日酔いが起こります。日頃からサプリメントで
肝臓の健康に役立つとされるハーブを摂取することで、
悪酔いや二日酔いの対策が可能となります。

肝臓の健康に役立つとされるハーブとして知られているのが、
ウコンやマリアアザミのサプリメントです。
昔からマリアアザミは、ヨーロッパの地方で肝臓に有効な
メディカルハーブとして活用されてきたものです。

マリアアザミの種子にはシマリンという成分が含まれており、
肝臓の機能を回復させる効果があります。肝臓のために良いといわれている
マリアアザミなどの成分が入ったサプリメントをいつも摂取するのがおすすめなのは、
日々お酒を飲むことが多く摂取量も多くなりがちで肝臓に負担がかかりやすい人です。